写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

道端のエアープラント

f:id:photolifenet:20170315165907j:plain

 日本のような温帯地域ではなじみのない、この中米ベリーズ国のような熱帯地域の植物は、これまで見たこともない種類に出会います。それらの植物は特別なところに生えているのではなく、ごく普通の道端で見られるのです。

f:id:photolifenet:20170315165921j:plain

 道路端の特になんともないヤシの幹とか、枯れ始めた木の幹に、とても無造作に一杯のランが咲いていたりするのです。こちらに着いた当初は、誰かが人工的に着生させたのかと思っていましたが、ほとんどは自然のままなのだそうです。驚きですよね。
 今日の写真は、着生植物、エアープラントの仲間で、彼らは土地を必要とせず、また取り付いている木から養分を取ることもなく、こうして空中で生きています。
 写真で見る姿は、我々になじみのあるものではなく、枝というのか葉というのか、それが魔女の髪の毛みたいで薄気味悪いのですが、実際はそれほどでもなく、花は美しい赤色で、つい持ち帰りたくなる程です。持ち帰ってもだれも何も言わないと思いますが。
 この国には種苗店はなく、欲しいプラントがあっても買えないのですが、道端でハイビスカスやヤシの木など、わずかな苗を売っていることがあります。
 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換450mm、ISO400、F6.3、1/640sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。