読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

背景は逆光の遺跡の中

f:id:photolifenet:20170315104132j:plain

 女性の写真を撮る際に、絶対に気を付けなければいけないのは、実物以上に美しく撮ることです。そうでなければ女性写真を撮る意味がありません。
 ではどうしたら美しく撮れるのか、これが問題です。何事もそうですが、簡単に答えが出るわけではなく、試行錯誤を繰り返します。この答えを見つけようとする試行錯誤の過程こそが、いつの時でも楽しいのではないかと思います。でもアマチュアと違って、決められた時間までに、その答えを出さなければならないプロたちはそうはいかず、苦しむはずです。
 それはともかく、美しく撮る一つの方法として、私がおすすめするのは逆光でのアングルを生かすことです。
 逆光で撮ると、光が華やかな印象になり、また、人物の顔に陰影が現れず、不要な凹凸が消えます。これが女性を美しく見せるコツなのではと思っています。
 ただ注意すべきは、逆光ですから、必然的に強い光がレンズに入り込む角度になります。そうするとコントラストが極端に落ち、眠い写真になりがちですから、撮影者は日陰に入って、レンズへの入射光を避ける位置取りが求められます。一度試してみてください。
 写真の場所は、カリブ海の島国セントルシアの、最大の観光地にあるピジョンアイランドの、かつてイギリス軍が造った遺跡を背景にしました。

f:id:photolifenet:20170315104220j:plain

 カメラは Canon Power-shot S60。大きな写真の撮影データは、35mm版換算58mm、ISO不明、F4.0、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 このカメラ、コンパクトと呼ぶにはいささか重く大きいのですが、その写りの良さで未だに手放せません。