写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

フランボイヤの咲く丘にて

f:id:photolifenet:20170301185748j:plain

 カリブ海に浮かぶ小さな島国セントルシアは、4月から5月にかけて、この国に沢山植わっているフランボイヤ、日本名火炎樹があちこちで一斉に花を咲かせます。
 一斉にと言っても日本の桜のようにその地方で同時に咲くということはなく、木によって少しばらつきがあります。これはやはり日本の四季のある気候と違って、一年中似たような暑い季節が続く、熱帯の国ならではのことと思います。

f:id:photolifenet:20170301185803j:plain

 この燃えるような真っ赤な花が咲くと、普段濃い緑に覆われた島中が、ところどころ斑点のように赤く彩られ、一気に華やかな雰囲気になり、多分、一年で最もきれいな風景の季節となります。この派手な赤い花、この暑い島国に良く似合うのです。
 今日の写真は、この国一番の観光スポットにあるピジョンアイランドの丘の上で、美しいロドニー湾を背景にしています。下の小さな写真は、フランボイヤの咲く丘から、かつてイギリス軍が造った砦を見上げているシーンです。
 ところでこの大きな写真、大きく絞られていることから、人物に近い背景があまりボケず、うるさくなってしまったのが残念です。
 カメラはSony α100に、レンズはSony DT18-70。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換82mm、ISO100、F9.0、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。