写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

撮影の難しい Black-and-White Wareler (ブラックアンドホワイト ウエブラー)

f:id:photolifenet:20170301082047j:plain

 鳥の写真を撮る場合、最も難しいのは被写体である鳥を見つけることです。特に日本の場合は、鳥の数が少ないからなのか、普段目にする機会が少なく、積極的に探す努力をしないと見つかりません。無論ハトやスズメで良ければチャンスはあります。
 次に、鳥を美しく撮るためには様々な条件がありますが、その一つに鳥の習性があります。例えば火の鳥のモデルとして有名で、世界で最も美しい鳥とされているケツァールは、枝の上でほとんど動きませんから、見つけてしまえば撮影は簡単で、機材さえよければかなり綺麗に撮れます。

f:id:photolifenet:20170301082121j:plain

 逆に動きの速い鳥は撮影が難しくなります。例えば今日の写真の Black-and-White Wareler (ブラックアンドホワイト ウエブラー)は、ひと時もじっとしておらず、そしてその動きは早く、おまけに枝葉の多い暗い場所にいることが多いことから、撮影が難しい鳥の代表の一種です。
 この鳥を狙うのは、スポーツかゲームをするかのような感覚で挑む必要があります。成功は、彼が一瞬のみ動きを止めたタイミングでシャッターを押したときに限られ、その確率は20回に1回程度だと思います。こんな撮影方法はAFのデジタルカメラだからこそ可能なのであって、MFのフィルムカメラでは絶対に無理でした。偉大なカメラの勝利ですね。
 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換450mm、ISO400、F6.3、1/640sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。