読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ストロボで撮る人物

f:id:photolifenet:20170218152812j:plain

 これまで女性の写真を撮る時は、たまに手作りのウチワのレフ版を使うことはありましたが、基本的には自然このままでした。
 しかしそうすると、日射のある場所では日当と日陰の明暗差が大きく、服に露出を合わせると顔が暗くなり、帽子を冠って暗くなっている顔に合わせると、服が淡色の場合などは白く飛んでしまい、とても具合の悪い写真になってしまいます。
 写真を撮る場所がいつも日陰なら明暗差は小さく、露出は大きな問題になりませんが、日当で撮りたい場合はどうするのか、解決策の一つであるレフ版がいつも使えるとは限りません。
 そこでレフ版の代わりに、カメラに内蔵されているストロボを補助光として試してみたのですが、結果は悪くありませんでした。モデルの人がメガネをかけている場合には、レンズにストロボ光が反射しますから注意が必要ですが、総合的にはメリットの方が多いと思います。ただ今日のこの写真、どうしてこんなに絞り込まれているのでしょうか。ストロボ同調速度はいくつだったのでしょうか。

f:id:photolifenet:20170218152851j:plain

 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換105mm、ISO400、F9.0、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。