写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

河原に咲く赤い春の花

f:id:photolifenet:20170214184815j:plain

 朝は少し冷えましたが、日の出とともに気温が上がり、快適な一日となると天気予報でいってましたから朝食後、岐阜の自宅近所のいつもの散歩に出かけました。
 今日のレンズはこれで3本目となるミノルタの望遠ズームです。これは後記型で、ピントリングが幅広くなっており、詳しくは知りませんが、レンズに距離情報機構が組み込まれた型のようです。

f:id:photolifenet:20170214184835j:plain

 このAPO使用のレンズの優秀さはこれまで2本の使用経験で知ってましたから、その写りに期待していたのですが、結果は意外でした。ピントが非常に甘く、これまでの2本とは違ってシャープさが全くありません。それにフレアーも大きく出ています。このレンズ本来の性能が発揮されていません。
 中古をオークションで入手していることから誰にも文句は言えないとはいえ、残念な結果です。
 写真は、河原の散歩道の途中で見つけた花ですが、以前にこんな花を見かけたのかどうか記憶がありません。多分これまで気付かなかっただけだと思いますが。派手な赤色の群生は緑色に映え、とてもきれいでした。
 カメラはSony α55に、レンズはMinolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換270mm、ISO400、F6.3、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。