読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

追われる Snail Kite (スネール カイト)

f:id:photolifenet:20170211145721j:plain

 中米B国の、最大の都市の住宅地にある自宅敷地の横を道路が走っており、その側溝こにはたくさんのタニシが棲息しています。

f:id:photolifenet:20170211145750j:plain

 そのタニシを狙って、タニシが大好物の Snail Kite (スネール カイト)が毎日ここを訪れます。彼らはタニシ獲りの名人で、水底にタニシを見つけると足から水に飛び込み、タニシを掴むために進化した、その長い爪を持った足でタニシを獲ります。彼らのクチバシもタニシを殻から引き出すために進化した形となっています。
 この自宅周辺は彼らにとって良好な漁場なのですが、一つ問題があります。それは、やはりタニシも餌とするブラックバードがたくさんこの周りにいることです。ブラックバードは非常に気が強く、自分のよりも大きなタニシトビでも見つけるとすぐに追っ払いにかかります。
 タニシトビは争いを好みませんから、いつも彼らに追いかけられる羽目になります。今日の写真はそんな一場面で、夕方の狩りのためにここを訪れたタニシトビが、情けなくも自分よりも小さなブラックバードに追われている場面です。野生の世界は大変ですね。
 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはMinolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換450mm、ISO400、F6.3、1/640sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 なおこの写真は、久し振りにミノルタの望遠ズームレンズ、AF100-300 Apoを使ってみました。同レンジの3本目のレンズとして今回入手したものですが、個体差なのか、前の2本に比べてピントが甘いような気がします。でも中古レンズですから、本来のこのレンズが持つ性能の正確なところは分かりませんが。