写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

嵐の後の川岸のジャングル

f:id:photolifenet:20170121141710j:plain

 今日の写真は、この中米B国の最大の都市と、この国の国際空港の間を結ぶ道路沿いの川と、その対岸に見えるジャングルなのですが、そのジャングルが、8月3日にこの国を直撃したハリケーン「Earl」によって無残な姿に変わり果てた姿です。
 下の小さな写真は、ハリケーン前のこの7月に、上の写真と同じ場所から撮った一枚ですが、比べればその違いは歴然です。多くの木は倒れたり幹や枝が折れたりしており、また葉が風でもぎ取られ、まるで枯れ木のようになっています。

f:id:photolifenet:20170121141734j:plain

 川は、ハリケーンからすでに1週間以上が経つのですが、未だに茶色く濁り濁流となっています。ここでこんなに早い流れは今まで見たことがありませんでした。この光景は自然の力、ハリケーンの威力を我々に誇示しているかのようです。
 私はこの国に着任の時、この対岸の深い森を見て、新たな国に来た想いと共にわくわくしたのを覚えています。そしてその後もこの深い緑を見るのが好きだったのですが、この無残な姿に心が痛みます。これから何年でこれが回復するのでしょうか。元の緑の森に戻った姿をもう一度見てみたいと思います。

f:id:photolifenet:20170121141605j:plain

 カメラはCanon Power-Shot S95。大きな写真の撮影データは、焦点距離6.0mm、30mm版換算の37mm、ISO200、F4.5、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。