写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

何度見ても印象的な Pale- billed Wooodpecker (ペールビルド ウッドペッカー)

f:id:photolifenet:20170114202054j:plain

 この中米B国で、森で見かける鳥の中で最も印象深い種類はと聞かれれば、私は迷わず今日の写真の Pale- billed Wooodpecker (ペールビルド ウッドペッカー)を第一候補に挙げます。
 このキツツキは、緑濃い森の中で何度見てもはっとするほどその印象は強烈で、その原因を思うに、大きな黒い体と、真っ赤な頭部というその姿にあるのではないでしょうか。
 これまでこの種類は、この国でも深い森でしか見られないと思っていましたが、実は先日、そうでないことが分りました。
 週末の日課として、この国最大の都市の住宅地にある自宅周辺の散歩で近くを流れる川に架かる橋まで行くのですが、その川の両岸には、川に沿って良く茂ったマングローブの森があります。

f:id:photolifenet:20170114202327j:plain

 その橋の上から、このキツツキが川下の森から川上の森へ橋を越えて移動するのを見たのです。この国では街中でさえもこの印象的なキツツキを見ることができるのだと驚きました。ここは本当に自然が豊かなのです。

f:id:photolifenet:20170114202434j:plain

 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換450mm、ISO800、F5.6、1/50sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。