写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

電線の Roadside Hawk (ロードサイド ホーク)

f:id:photolifenet:20170108190407j:plain

 今日の写真は、中米ベリーズで普段の生活の中でよく見られる猛禽、Roadside Hawk (ロードサイド ホーク)で、その名の通り道路脇の電線などに停まり、辺りをうかがっているところを見かけることの多い鳥です。
 この写真も停まっているのは電線で、人が近づくと飛び立ちますが、車であれば逃げませんから、この鳥を見つけても車から降りず、窓を開けて撮影します。
 彼の獲物は小鳥だと思いますが、そのためなのか、他の自分より小さな鳥から追われている姿もよく目にします。特にキスカディとかトロピカルキングバードたちも電線に停まって、餌の虫を探していることが多く、彼らから追われます。

f:id:photolifenet:20170108190457j:plain

 ロードサイドホークにしてみれば、戦って負ける相手ではないのでしょうが、無駄な争いは避けたいのでしょう。逆にキスカディとかトロピカルキングバードたちは、自分の縄張りから、自分や家族にとって危険な鳥を追い払いたいのでしょうね。
 下の小さな写真は、タカと同じ場所で撮ったのではないのですが、いつも電柱に巣を作るキツツキです。彼らにとって電線や電柱は有用な環境なのですね。

f:id:photolifenet:20170108190339j:plain

 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO400、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。