写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

初冬のスズメたち

 

f:id:photolifenet:20170102164940j:plain

 今日の写真は、数日前に自宅近くを散歩した際に見かけた、電線に群れていたスズメたちです。彼らは10羽ほどの群れで、すぐ近くの電線にも7,8羽の群れがいました。
 これから野生動物たちにとって、多分一年で一番厳しい季節である冬を迎えるのですが、我々人間は秋に収穫した食料を冬の間に食べ餓死を免れるのですが、彼ら野鳥たちはその術がありません。
 雪が降らず地面が露出している時はまだしも、一面が雪に覆われた際に、彼らは何を食べるのでしょうか。毎年それを思い、彼らがどうやって冬を乗り切るのか不思議でなりません。

f:id:photolifenet:20170102165017j:plain

 下の小さな写真は、このスズメたちを見上げた場所から目を転じ、近くの農家を見た時の風景ですが、庭にある柿の木に実が、こぼれ落ちるばかりになっています。この柿の実が雪が降った際の、野鳥たちの貴重な食料になりますが、これだけ木の丈が高ければ、収穫されることはまず無いと思います。

f:id:photolifenet:20170102164834j:plain

 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO400、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。