写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ライカ  Leitz Summicron 5cm F2.0 沈胴式の試写

f:id:photolifenet:20170103232900j:plain

 岐阜本巣市の自宅近くに谷汲山華厳寺があり、このお寺は春の桜と秋の紅葉が有名で、今のこの時期沢山の観光客があります。
 お寺の参道は1㎞ほどあり、その道の両側には昔ながらの和風建築の土産物屋、茶店が並んでおり、日本の懐かしい情緒を味わうことができます。また、勿論参道両側のもみじがきれいで、撮影ポイントとしてもお勧めの場所です。
 境内入口には、今日の写真の通りこんな田舎にと思うほど立派な山門があり、それがこのお寺の格式の高さをうかがわせます。境内のもみじもまたきれいで、明るい参道にあるのとは違って、杉の林立する暗い中の木漏れ日に見る赤い紅葉もまた見ごたえがあります。

f:id:photolifenet:20170103232929j:plain

 春や秋の観光シーズンになると、この寺やこの付近の観光地を訪れる車で渋滞するのは困りものですが、近くにこのような撮影スポットがあるはうれしいことです。
 下の他の小さな写真は、山門から見える境内のもみじです。

f:id:photolifenet:20170103233108j:plain

 カメラはSony α7Ⅱに、レンズは Leitz Summicron 5cm F2.0 沈胴式。大きな写真の撮影データは、焦点距離50mm、35ミリ版換算50mm、ISO50、F4.0、1/640sでした。レンズアダプターはK&F Concept製。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 さすがライカ、大昔のレンズとはいえ素晴らしい解像力です。