写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

柿畑のシメ

f:id:photolifenet:20170111231453j:plain

 岐阜市近郊の自宅周辺で見られる野鳥は多いのですが、その中で今日の写真のシメは美しい姿を持つ魅力的な一種です。このシメと並んで同じ時期、同じような場所でよく見られるのがイカルで、この二種はお互いの群れの中に数羽が混じっているのを見かけることがあります。このイカルもまた美しい魅力的な種類です。
 手元の図鑑に拠ればシメは冬鳥で、本州以南で越冬し、繁殖は北海道だそうですから、渡りの移動距離はそれほど長くはなさそうです。
 シメの撮影は、彼らが用心深くなかなか近づけないことと、彼らのいる場所が撮影の邪魔になる枝の多い木であったり、高い木の枝だったりしますから思うよな写真が撮れません。

f:id:photolifenet:20170111231515j:plain

 幸運が重なれば今日のような一枚が取れますが、こんな機会は一シーズンに何回もありません。これでもまだかなりの距離があるのですが。でもこういった難しさが野鳥写真の魅力なのかもしれません。

f:id:photolifenet:20170111231540j:plain

 カメラはNikon D7000に、レンズはTamron MF SP 90mm F2.5 Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離90mm、35ミリ版換算180mm、ISO400、F8.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。