読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 in net

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

電柱の Acorn Woodpecker (エイコーン ウッドペッカー)

f:id:photolifenet:20170210220405j:plain

 中米のベリーズは、日本の四国ほどの国土面積に比して、人口わずか35万人と極端に少ないのが特徴で、そのためもあってか自然が多く残されています。
 それはたとえこの国最大の都市であるベリーズシティでも同様で、街中で様々な野生動物を見ることが出来るのです。全長1メートルを超えるイグアナは日常的な動物であり、街中を流れる川でクロコダイルを見ることが出来るなどはその一例です。
 鳥に関しても同様でキツツキなども見られますが、今日の写真の Acorn Woodpecker (エイコーン ウッドペッカー)は、このキツツキに限っては、なぜかベリーズシティで見たことはありません。でも街から少し離れると出会え、そして地方の集落では極めて普通に見ることが出来る一般的な鳥なのです。

f:id:photolifenet:20170210220422j:plain

 彼らは、他のもう一種のキツツキもそうなのですが、なぜか電柱に巣を作ります。これまでたくさんのこのキツツキをこの国で見ましたが、電柱以外で彼らの巣を見たことがありません。ちなみにこの国では、電柱は総て木製で、コンクリート製は一本もありません。
 このエイコーン ウッドペッカー、どんぐりの実が大好きで、たくさん集めて木に小さな穴を開け、そこに貯蔵するのが習性で、そのためか日本名はどんぐりキツツキだそうです。
 それにしても、くちばしだけで電柱に穴を掘ってしまうのはすごいですね。

f:id:photolifenet:20170210220342j:plain

 カメラはSony α57に、レンズはSony DT 55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO400、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。