写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

カマキリの顔のようなデザインの羽を持つ蝶

f:id:photolifenet:20170222222602j:plain

 今日の写真は、中米ベリーズの最大の都市に最も近い、マヤ遺跡公園内で見かけた蝶ですが、詳しくないことからこれが何の種類なのか知りません。
 大きな写真では、蝶のお尻からお赤い尾羽が出ているように見えますが、下の小さな写真で見るとおり、そうではなく、たまたま停まっているこの植物の花と重なっているだけです。

f:id:photolifenet:20170222222619j:plain

 それにしてもこの蝶、羽が特徴的で、シンプルな中にもコントラストが非常に目立つデザインですね。暗い羽の色の中に、純白でVの字、あるいは八の字が描かれており、その先にオレンジの紋が付いています。
 このデザイン、自然の中において何らかの意味を持っていると思いますが、何となく、肉食の虫であるカマキリの、正面から見た顔を連想してしまいます。

f:id:photolifenet:20170222222540j:plain

 カメラはSony α57に、レンズはSony DT 55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離90mm、35ミリ版換算135mm、ISO400、F6.3、1/640sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。