写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

群れて通過する White Ibis (ホワイト イビス、日本名シロトキ)

 

f:id:photolifenet:20170320195034j:plain

 中米ベリーズ最大の都市、ベリーズシティの住宅地にある自宅上空を、朝晩に鳥たちが通過します。朝はねぐらから餌場に向かい、夕方は逆に餌場からねぐらに向かうものと思われますが、その代表が、ムクドリの仲間で全身が真っ黒なブラックバード、緑色が美しい中型のインコ、シラサギ、コサギなどのサギ類、そして今日の写真の White Ibis (ホワイト イビス、日本名シロトキ)たちです。

f:id:photolifenet:20170320195045j:plain

 シロトキはこのベリーズにたくさん生息しており、どこでも見られる一般的な鳥で、たいていの場合は群れて生活しています。ベリーズ市内の水場でもあちこちで見ることができ、彼らが朝夕に自宅上空を通過しているものと思います。

 シロトキは他の鳥と違い、飛ぶときはいつも美しい編隊を組み、その形は縦の一列であったり、横一列の山形であったりします。ただの集団でバラバラに飛ぶより、きれいな編隊を組んで飛ぶそのいかにも統制のとれた様は美しく、また彼らの飛び方は上下に波打つことなく、一直線に弾丸のごとく、素晴らしいスピードで飛び去りますから、つい見とれてしまいます。

 それに、写真でお分かりの通り、白い体色に翼の先だけが黒く、顔と口ばし、足が鮮やかな赤で、これがシンプルでとても美しく、その彼らが編隊を組んで飛ぶさまは本当に美しいのです。

 ベリーズにいた頃は、それを毎日夕方に見られたのですが、今はさみしい限りです。

f:id:photolifenet:20170320195012j:plain

 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F8.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。