読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

中米ベリーズ 湿地の Limpkin (リンプキン)

f:id:photolifenet:20170326203036j:plain

 中米ベリーズに住んでいた当時、この国最大の都市の住宅地に自宅があり、その周りには水場の多い豊かな自然がありました。ベリーズ国土全体がそうなのですが、特にこの街は海岸にあるため海抜が低く、湿地のような場所に街が建設されているのですから、未だに多くの水場があちこちに残っています。

f:id:photolifenet:20170326203052j:plain

 そんなところですから街中といえども、水場にすむ生物を餌と狙う野生動物は多く、週末の自宅周辺の散歩でもたくさんの野鳥を見ることができます。

 今日の写真は、自宅からすぐ近くの売地となっている空き地に、ここでよく見られる野鳥の一つである Limpkin (リンプキン)で、体格はシラサギとコサギの中間ほどの大きさです。ここは彼の餌場で、カエルや魚を探しているのでしょうが、以前彼が大きなタニシを加えているのを見たことがあります。でもあのくちばしで、どうやってタニシの中身を取り出して食べるのでしょうか、ちょっと不思議です。

 このリンプキンだけに限らず多くの野鳥たちは、近くを人が通っても警戒はしますが、神経質に逃げるようなことはありません。長い時間にわたってお互いに干渉せず共存してきたんでしょうね。この人間と野生との距離の近さはうらやましいと思います。

f:id:photolifenet:20170326203156j:plain

 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm35ミリ版換算450mmISO 400F8.01/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。