写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

今年最初のヒバリ

f:id:photolifenet:20170402230108j:plain

 今日、岐阜市郊外にある自宅でも暖かく、もうすっかり春になり、朝晩でも冬を感じることはほとんどなくなりました。自宅庭の桜は昨日の写真の通りほぼ満開で、2週間ほど前から鶯がその自慢ののどを鳴らし、昨日あたりからついにヒバリのさえずりが聞こえるようになりました。

f:id:photolifenet:20170402230119j:plain

 今日も日課となっている自宅周辺の散歩に出かけましたが、収穫は、遠くに珍しくもないツグミを見ただけで終わりそうでした。このところいつもの散歩道で野鳥に出会う機会が激減し、今日も空振りだったかとあきらめの境地で樽見鉄道の踏切近くまで来たところ、騒々しいくらいのヒバリの美しいさえずりが聞こえました。でもそのさえずりは空からではなく地上から聞こえます。それもすぐ近くから。

 音の方向をじっと探すと、いました。畑の中で保護色に守られて見ずらいのですが、確かにヒバリです。でも驚いたことに、ヒバリのいる隣の畑では農家の人が作業ををしており、その人との間は、通常の野鳥であれば逃げ出す距離です。

 ということで私もそれくらいには近づけるだろうと、静かにゆっくりヒバリとの距離を詰め、撮れたのが今日の一枚です。ヒバリは自身の保護色によほど自信を持っているのでしょうか。

 そのヒバリのいた畑ですが、すぐ隣を樽見鉄道が走っており、撮影中に列車が通過しました。それを撮ったのが下の小さな一枚です。今樽見線は桜ダイヤで、この列車は普段はない、珍しい快速となっています。写真が小さく見ずらいのですが、快速と書かれた青いプレートを付けています。

f:id:photolifenet:20170402230052j:plain

 カメラはSonyα7Ⅱに、レンズは Sony 70-300 G SSM 。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算300mm、ISO200、F6.3、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。