読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズでよく見られる Black-headed Trogon(ブラックヘディッド トロゴン)

f:id:photolifenet:20170405232403j:plain

 中米の国ベリーズは熱帯地方に位置しますから、一年中常夏のため雪で大地が覆われたり、落ち葉で木が裸になることはありません。ですから一年中餌があり、よって様々な動物が生息できます。また国土全体が平坦で、土地の標高が低いため湿地が多くあり、そのせいもあって野生動物が多いのです。

f:id:photolifenet:20170405232415j:plain

 数量的に比較したわけではないのですが、一地点でみられる動物の数や種類は、毎日の生活の中で感覚的に、日本に比べてベリーズの方が圧倒的に多い気がします。

 今日の写真は、この国の最大の都市であるベリーズ市から車で30分ほどの郊外で見かけた Black-headed Trogon(ブラックヘディッド トロゴン)です。この種は、この国に生息する4種類のトロゴンの仲間の中では数が多く、普段からよく見かける一般的な鳥で体色は最も地味ですが、それでも背中の玉虫色と、おなかの鮮やかな黄色が美しい鳥です。

 ベリーズに生息する鳥全体に言えるのですが、このトロゴンたちも人に対する警戒心は薄く、大きな望遠レンズでなくとも比較適容易に撮影することができます。

 こんな美しい鳥たちに出会える機会が多いベリーズは、鳥好きの人たちにはたまらない国で、そのため世界から多くのバードウオッチャーたちが訪れますから、これもこの国の大きな観光資源になっています。

f:id:photolifenet:20170405232339j:plain

 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F5.6、1/320sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。