読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズのホテルのホエザル

f:id:photolifenet:20170408204113j:plain

 中米ベリーズは、国土面積が日本の四国より少し大きい程度の小さな国ですが、一方で人口は約36万人と少なく、人口密度が極端に低いのです。その原因は私が思うに、国土全体が平坦で標高が低く、そのため雨期ともなれば多くの土地が湿地になってしまうからです。

f:id:photolifenet:20170408204129j:plain

 人は少なく湿地が多のは、自然を保存するには好都合で、よってベリーズには今でも多くの自然が残されています。

 ベリーズ最大の都市から車で30分ほどの所にある1件のリゾートホテルは、この国最大の川の中流のほとりにあり、その両岸は深い森になっています。むろんホテル内の敷地にも多くの木が繁り、そこへ多くの野鳥たちが訪れます。

 その野鳥に交じって、今日の写真のユカタンブラックホーラーモンキー(日本名ホエザル)も訪れ、観光客を楽しませてくれます。ホテル側をはじめ現地の人々は全く餌付けをしていませんが、彼らは人を怖がることなく、とてもフレンドリーです。

 近頃は日本でもサルは身近な存在になってきていますが、ここまでの信頼関係はできていません。もっとも、ホーラーモンキーは人の作った作物に被害を与えるようなことは全くなく、常に自然の葉を食用していますが。

f:id:photolifenet:20170408204149j:plain

 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離180mm、35ミリ版換算270mm、ISO 400、F5.0、1/320sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。