読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

背景は光る水面

f:id:photolifenet:20170412002252j:plain

   中米ベリーズの豊かな自然については、既にこのブログで何度もお話ししていますが、私がベリーズ滞在中よく出かけたのが、この国最大の都市ベリーズシティから車で1時間ほどの距離にあるクルックドツリー野生生物保護区で、この保護区はベリーズで2か所、ラムサール条約に登録されているうちの一つです。


f:id:photolifenet:20170411221007j:plain

 ここには川幅の広い形態をしたような湖があり、乾期で水位が下がると周辺から多くの水鳥たちが集まり、浅くなって捕りやすくなった魚をたらふく食べます。その水鳥の数たるや、湖を見渡す限り鳥という場面もありますから、それはそれは見事です。丁度アフリカで見るフラミンゴの群れのような風景で、大自然の雄大さを感じる瞬間です。
 今日の写真はその湖を背景にしたのですが、手持ちのレンズが望遠ズームであったことと、何枚か撮った中で、最も表情が良かったのを採用したため、バックに鳥たちの姿が写っておらず、水面だけとなってしまっています。
 この人物写真の背景は、下の小さな写真の通り、幾種類かの水鳥たちが餌を捕る湖の一場面でした。

f:id:photolifenet:20170411221025j:plain

 カメラはSony α55に、レンズはMinolta AF70-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F6.3、1/640sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。