読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ミツバチの花粉団子

f:id:photolifenet:20170425203009j:plain

 岐阜市近郊にある自宅近所の散歩は、鳥の姿がめっきりと減り、歩く楽しみが少なくなってきました。そこで近頃は空や木の枝を見上げるのではなく、足元の草や花に注意を向けています。

 f:id:photolifenet:20170425203019j:plain

 野鳥はたいてい鳴きますから見ていなくても気づくことができるのですが、小さな虫たちは注意深く見ていないと見逃してしまいます。蝶は目の隅で捉えることができ、そこにいることに気づくのですが、小さなミツバチなどはそうはいきません。よって、野鳥が少なくなってきた近頃、無駄な鳥探しをあきらめ、もっぱら虫を探しながら歩いています。

  今日の写真は、散歩の途中で見かけたミツバチで、体中花粉にまみれてタンポポの蜜を集めている場面です。

 水谷養蜂園のウエブサイトにこんな記述があります。「ミツバチが花から採るのは、はちみつだけではありません。ミツバチたちは、たくさんの花粉も集めて回ります。花から花へと移り、花粉まみれになり、花粉袋に足を突っ込んで花粉を集めるのです。そして花びらの上や飛行中に、上手に花粉をだんご状に丸めて足につけ、巣まで運んでいきます。できあがった花粉だんごはハチパンとも呼ばれ、はちみつとあわせ、ミツバチたちの栄養源になります。」

 大きな写真の、ミツバチの後ろ脚にある黄色の塊は花粉団子ですね。また小さな写真は、少し見難いのですがタンポポの花粉を写しています。

f:id:photolifenet:20170425203033j:plain カメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sigma AF300mm Apo Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F6.3、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。