写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

自宅敷地の野鳥たち(中米ベリーズにて)

f:id:photolifenet:20170512200315j:plain

 私が初めて中米の国ベリーズに赴任して、鳥関連で最も驚いたのが、美しい鳥たちが人間の生活圏で共に生きているということでした。

 着任して最初の1週間は街中のホテルで過ごしたのですが、その間でも緑色の美しいインコ、電柱に停まるキツツキ、街の空を舞うグンカンドリたちを目撃し、その様は、ここはまさに野鳥たちだけに限らず野生動物たちの楽園ではないかと思いました。

 f:id:photolifenet:20170512200326j:plain

 今日の写真は、市内の住宅地に今後住む家が決まって、ホテルから引越ししたその週末に、自宅敷地内で見かけた Vermilion Frycatcher (バーミリオン フライキャッチャー)で、この鳥を敷地内で初めて見たとき、こんなに美しい鳥が、自宅庭のような身近にいるのかと感激しました。

  そして更に驚いたのは、その鳥たちの多くが人間をあまり警戒することなく、よって、容易に彼らに近づき近くで写真が撮れることでした。日本では到底考えられないことです。

 下の小さな写真のかわいらしい黄色の鳥も、やはり自宅庭で出会った野鳥で、こちらも人間を怖がりませんでした。

 この後、この同じ自宅敷地内でさらに美しい鳥たちと出会うことになります。

f:id:photolifenet:20170512200346j:plain

 カメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F5.0、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。