読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズの人を恐れない野鳥たち Great Kiskadee (グレート キスカディ)

f:id:photolifenet:20170517221755j:plain

 今日の話題は、昨日に続いて人を恐れない野鳥たちについてです。

 中米の国ベリーズに住んでいた頃の話です。最大の都市の住宅地にある自宅の敷地は広く、オープンスペースがたくさんありますが、植樹はそれほどされておらず、まばらにヤシの木やアーモンドの木があります。

 でもこの視界を遮らない程度の樹木は野鳥の発見が容易で、敷地内にいればすぐ目につく利点があります。

 f:id:photolifenet:20170517221809j:plain

 もともとこの辺りには野鳥の種類や数が多く、少ない庭木であってもたくさんの野鳥たちが訪れますし、この敷地内で巣を作り、子育てをして暮らす種類もいます。

  今日の写真のGreat Kiskadee (グレート キスカディ)は人の住む周辺で生息する習性があり、巣を人家の軒先や窓の格子などに作ります。この点は日本の雀とよく似ていますが、体格は大きく、ムクドリツグミ程の大きさです。

 キスカディの特徴は、とても気が強く、時には自分よりもはるかに大きなタカを追い回したりするほどで、そしてまた人をあまり恐れません。

 上の写真は自宅敷地内で撮ったのですが、ノートリミングで鳥がこの大きさに写っています。下の小さな写真はその一部をトリミングしたのですが、彼の瞳に写っているのは、空を背景にした撮影者の私ではないかと思うほどの近さです。

 キスカディは気が強いから人を恐れないのではなく、人は自分にとって害にならないと信じ込んでいるように思えます。

 ここでは人と野生の信頼関係が成り立っているのですね。本当にうらやましい限りです。

f:id:photolifenet:20170513202621j:plain

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F7.1、1/350sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。