写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズのジャングルのホテルの Yellow-winged Tanager (イエローウイングド タナガー)

f:id:photolifenet:20170522221413j:plain   このブログの昨日の記事でベリーズにあるジャングルのホテルを紹介ました。その中で、ホテル敷地内にある樹木が訪問者たちにとって魅力的な餌となるのであれば、彼らは自然と集まってくるのだろうと思います。


f:id:photolifenet:20170522221427j:plain

 このホテルには特に珍しい樹木があるのではなく、この国ではごく普通の、花の咲く木や木の実がなる木ばかりで、それがまばらに配置されています。
 このホテルの周りは深いジャングルですから、もともと野鳥の密度は濃く、その彼らがまばらに植わった木々を訪れるのです。野鳥観察には木々がまばらにあることが重要で、これがうっそうとしていると、鳥たちの声は聞こえても姿を見ることができまないのです。
 今日の写真は、ホテル敷地内の我々が泊まったコッテージの、玄関ドアの前に植えられているパームツリーを訪れた Yellow-winged Tanager (イエローウイングド タナガー)で、体色に鮮やかさはありませんが、鳥には珍しい青色で、ジャングルの緑の中でよく目立ちます。
 熱帯地方にはどこにでもあるパームツリーは、時期になると赤い実をたくさんつけ、その時には様々な種類の鳥たちがこれを採りに来ます。
 ところでこのタナガー、この鳥も人をあまり恐れないため、かなり近くで撮影が楽しめる種類です。
f:id:photolifenet:20170522221452j:plain

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F5.6、1/320sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。