写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズのジャングルのホテルの Slaty-tailed Trogon (スラティテイルド トロゴン)

f:id:photolifenet:20170526202244j:plain

 中米の国ベリーズは、日本の四国ほどの国土面積を持ちながら、人口はわずか35万人ほどしかありません。その低い人口密度のおかげか農村部はもとより、都市部でも多くの自然が残っています。

 自然が多く残れば、そこを生活圏とする野生の動物たちも多く住むことができます。ベリーズに着任後しばらくしてその野生動物の豊かさに驚いたもので、この国最大の都市の住宅地にある自宅敷地内で、大きなイグアナを飲み込むボア(ニシキヘビ)を見たり、散歩コースの空き地でクロコダイルに遭遇したりしたほどです。

 f:id:photolifenet:20170526202302j:plain

 そんな国ですから、この国の豊かな自然を目指して多くの観光客が訪れ、その観光客を受け入れる施設として、緑濃いジャングルの中にたくさんのホテルが建っています。

  今日の写真はそんなあるホテルの敷地内で出会った Slaty-tailed Trogon (スラティテイルド トロゴン)で、トロゴンの仲間の中では最も鮮やかな体色の持ち主です。

 ベリーズの直前の勤務地であるコスタリカでも一度しか見かけたことがない種類ですが、あるコスタリカのガイドに言わせると、世界で最も美しいといわれる、手塚修の火の鳥のモデルとなったあのケツァールよりも見るのが難しいとのことでした。

 真実のほどは分かりませんが、この鳥をベリーズで見かけたのは3回のみで、その3回ともこのホテルの敷地内でした。

 下の小さな写真は、このトロゴンの背中側ですが、青と緑が混ざったとても鮮やかな色で、おなかの赤色とのコントラストが絶妙の美しさを見せてくれます。

 このトロゴンもケツァールと並んでバードウオッチャー垂涎の鳥なのではないでしょうか。 実はベリーズは知る人ぞ知るバードウオッチングの天国なのです。

f:id:photolifenet:20170526202322j:plain

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F5.6、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。