写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ動物園の Plain Chachalaca (プレイン チャチャラカ)

f:id:photolifenet:20170603223919j:plain

 中米ベリーズは、国土面積に対して人口が少なく、また開発もあまり進んでいないことからでしょうか、豊かな自然が今でも多く残っており、普段の日常生活の中でも野生の世界を身近に感じられる国です。

 その野生の一つである野鳥たちは、都市の中にもたくさん生息しており、その種類の多さと数に驚かされます。

 f:id:photolifenet:20170603223935j:plain

 考えるに、ベリーズの野生にとってこの国最大の都市ベリーズシティでも、自然のスケールからすればそれははちっぽけな存在であり、野生の世界にすっぽりと飲み込まれてしまっているのでしょう。ですから野鳥たちは、郊外の緑濃い環境と都市部との違いを意識していないのではと思います。その良い例として、街中の電信柱にキツツキが巣を作るくらいなのです。

  今日の写真は、ベリーズ唯一の動物園で撮った Plain Chachalaca (プレイン チャチャラカ)で、この動物園に住んでいるのではと思うくらいによく見かける種類です。

 彼らは動物園で飼われているのではなく野生ですが、人を全くと言っていいほど警戒せず、その警戒心の薄さはニワトリ以上です。気が強いのか、ずうずうしいのか、逆にこちらが心配するほどにフレンドリーなのです。

 彼らをここでよく見かける理由は、園内で飼われている動物たちの餌が目当てなのですが、そんな毎日の食事の習慣が彼らを大胆にさせているのでしょうか。

f:id:photolifenet:20170603223956j:plain

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離180mm、35ミリ版換算270mm、ISO 800、F5.6、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。