写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ マヤ遺跡の Masked Tityra (マスクド ティタイラ)

f:id:photolifenet:20170606205831j:plain

 中米ベリーズは日本ではなじみの少ない国ですが、欧米からはたくさんの観光客が訪れます。彼らの目当ては美しいサンゴ礁のつカリブ海、紀元前からの歴史を持つマヤの遺跡群、そして緑濃い熱帯雨林です。

 f:id:photolifenet:20170606205845j:plain

 マヤの遺跡はほぼ全国に点在しており、それらは2,3の例外を除いてすべてジャングルの中にありますから、そこを訪れるとかつてのマヤ族たちの暮らしが偲ばれますが、動物好きにはまた別の楽しみがあります。

  それはバードウオッチングで、遺跡はこれに最適の場所でもあるのです。というのは、遺跡がジャングルの中にあるため野鳥の生息密度が濃く、また遺跡周辺は切り開かれていますから、鳥たちを発見しやすいのです。更には遺跡に登ればそれだけ鳥に近づけることになるのです。

 今日の写真は、この国最大の都市ベリーズシティから車で1時間ほどの所にある、都市に最も近いマヤ遺跡、アルツンハ遺跡公園で見かけた Masked Tityra (マスクド ティタイラ)で、体色からしてオスの若鳥と思われます。下の小さな写真にあるのがオスの成鳥です。

 このアルツンハマヤ遺跡は、遺跡見物と同時にバードウオッチングも楽しめる、都市から便利な日帰りコースとして人気があります。

f:id:photolifenet:20170606205857j:plain

 下の小さな写真は、アルツンハ遺跡公園全体をピラミッドの上から見た景色です。なおこの写真のみ Fujifilm Fine Pix F200 で写しています。

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F8.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。