写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 森の中の Golden-fronted Woodpecker (ゴールデンフロンテッド ウッドペッカー)

f:id:photolifenet:20170610223103j:plain

 中米ベリーズにキツツキの仲間はたくさんの種類が生息していますが、今日の写真の Golden-fronted Woodpecker (ゴールデンフロンテッド ウッドペッカー)はもっとも一般的なキツツキです。

 f:id:photolifenet:20170610223124j:plain

 彼らは人間に対する警戒心はありますが、しかし過度に恐れることなく、街中で人と一緒に暮らしており、街中に立つ電柱や、人家の板壁に穴をあけて巣を作ります。

  木造の板壁の家に穴をあけるとき、その衝撃はすさまじく、まるで家のそばで削岩機が暴れているかのような感じで、家人は驚いて家から飛び出るほどです。電柱に穴を掘って巣を作ってしまうのですから、家の壁の薄い板など朝飯前です。でも野生の力ってすごいですね。

 キツツキが巣を作るのは、生きている元気な生木であることは少なく、今日の下の小さな写真のように枯れた木であることが多いのです。ですから彼らは森を傷つけることは少なく、枯れ始めたような木をつつき、虫を取ってくれます。また、木の中ばかりでなく、普通に飛んでいる虫を捉えます。むしろそちらの方が多いようです。

 彼らは人間の近くで暮らしていますが、ジャングルでも見かけますから、雀のように人間と共に暮らすだけの鳥ではありません。餌があればどこでも暮らしていけるのでしょうね。

f:id:photolifenet:20170610223143j:plain

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。