写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズのホテルの餌台に来た Collared Aracari (カラード アラカリ)

f:id:photolifenet:20170613221433j:plain

 今日の写真は、昨日このブログでご紹介したホテルの、その餌代に来た野鳥 Collared Aracari (カラード アラカリ)です。

 この鳥は中南米に多く生息するトゥカンの仲間で、ベリーズでは最も一般的な種類ですが、しかしそれでもその姿を見かける機会は少なく、ベリーズのジャングルを訪れただけで必ず見られるというほど多くはありません。

f:id:photolifenet:20170613221448j:plain

 この鳥を見るためにはバードウオッチング専門のガイドを頼るか、ジャングルに建つ、餌台で野鳥を誘っているホテルを訪れるのが最も確かな方法です。

  そんな出会いの難しい種類ですが、多くのジャングルに建つホテルでは、テラスでお茶を飲みながら、ほんの数メートル先で彼らを観察することができるのです。

 私は2年間エコツーで有名なコスタリカで暮らし、その間に野鳥観察にあちこち出かけましたが、ホテルの庭先といったイージーな環境でトゥカンに出会うことはありませんでした。それどころか結局、コスタリカの有名な二つの保護区でガイドに案内され、遠くの豆粒のようなトゥカンを二度見ただけに終わりました。

 ところがベリーズでは、ジャングルのホテルに行けばほぼ間違いなくホテルの庭先で、群れで訪れるトゥカンに出会うことができるのです。ベリーズは日本ではそれほど知られていませんが、バードウオッチングの大きな穴場なのです。

 自然の中で見る、このくちばしの大きな鳥の印象は強烈です。

f:id:photolifenet:20170613221511j:plain

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F5.6、1/320sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。