写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 道路端の Black-headed Trogon (ブラックヘディド トロゴン)

f:id:photolifenet:20170629220259j:plain

 中米ベリーズは、この国最大の都市であるベリーズシティの街中であっても、自然が豊かであることから様々な野鳥を見ることができ、街路に立つ電柱にキツツキの子育てを見るのも楽しいのですが、少し郊外の緑が濃い場所では更に多くの野生動物に」会うことができます。

f:id:photolifenet:20170629220313j:plain

 この国の最大の河川であるベリーズ川に沿って上流に向かうと、部落はあるのですが民家の数がまばらになり、所々ジャングル然とした風景が目につき始めます。 そういった道路をゆっくりと車を走らせ、両側の電柱や樹木を注意していると、この国でよく見られる鳴き声が大きなホーラーモンキーや、鷹の仲間のロードサイドホーク、水のある所では大きなカワセミ、電柱に営巣する街中で見かけるのとはとは違ったキツツキ、そして今日の写真のトロゴンなどに出会えます。
 写真は Black-headed Trogon (ブラックヘディド トロゴン)で、トロゴンの仲間内ではこの国で最も多くみられる一般的な種類です。
 その姿は、仲間の中では最も地味な体色ですが、オスの背中の輝くような青緑色と、おなかの濃い黄色は素晴らしいコントラストを見せていますし、それに眼のふちが青く、目の位置が良く分かるのも写真映えするうれしい特徴です。
 ベリーズを訪れた際にはぜひ見てもらいたい野鳥の一つです。
 下の小さな写真は、オスの近くの枝にいたメスで、背中はオスと違って地味な黒色です。

f:id:photolifenet:20170625222857j:plain

 使用機材のカメラはSony α57に、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F5.6、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。