写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 種類の特定が難しい Warbler の仲間

f:id:photolifenet:20170630205958j:plain

 中米のベリーズで、日常の生活の中や、休日を利用して出かける観光などで、地方で見かける野鳥は非常に数が多く、そのどれもが日本では見かけない珍しい鳥たちですから、種類を知るためには図鑑が必要になります。

f:id:photolifenet:20170630210010j:plain

 幸いなことにここベリーズでは、コスタリカと同じく何種類かの詳しい図鑑が店頭に並んでおり、手軽に入手することができますから、いつまでも名前が分からないということはありません。
 ところが、実際に見た鳥を図鑑の中から探し出し特定するのは、よほど特徴のある種類なら訳はないのですが、これがなかなか難しいのです。それは自然界で見る鳥たちは、姿のよく似た種類が多い中で、見かけた対象が羽毛の色がまだ十分に出ていない幼鳥であったり、メスであったりと、なかなか図鑑通りには見えない場合があるからです。
 この種類の特定で苦労する種類が Warbler (日本語でさえずる鳥の意味)の仲間で、非常に数が多く姿がよく似ています。
 今日の写真もその仲間で、とりあえず種類は Pine Warbler (パイン ワーブラー)と見当は付けたのですが、自信がありません。
 下の小さな写真は同じ鳥で、幹にへばりついている虫を引きはがしている場面です。この鳥も人をあまり恐れず、かなり近くまで寄ることができました。

f:id:photolifenet:20170625222857j:plain

 使用機材のカメラはSony α57に、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F5.6、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。