写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 民家敷地の White Ibis (ホワイト イビス)

f:id:photolifenet:20170719204825j:plain

 中米の国ベリーズは、ユカタン半島の付け根に位置して東側がカリブ海に面し、日本の四国ほどの大きさの国土の大半が平野で、そしてその標高が低いことから水場が多く、よって開発は進んでおらず豊かな自然が残されています。
 水場は自然に潤いを与え緑のジャングルを育て、また人間の手が入りにくいことから、国土の多くが野生生物の宝庫となっており、日本ではあまり知られていませんが、その自然を求めて世界中から観光客が訪れます。

f:id:photolifenet:20170719204840j:plain

 ただベリーズと近隣の中米の国との大きな違いは、この国最大の都市の中でも自然が残っていることから、街中やそこに近い郊外でも、生物保護区やジャングルでしか見られないような野生動物たちを、日常の生活の中で見ることができることです。
 今日の写真は、この国最大の都市ベリーズシティにある自宅から、西に車で30分ほどの所で見かけた White Ibis (ホワイト イビス)で、彼らが群れていた場所は農家敷地内の、家畜のために池を掘ってある一角でした。
 その場所は、敷地との境に柵の有刺鉄線が張ってありますが道路からよく見え、この写真は車の中から撮りましたが、群れ全体の数はこの写真の倍以上でした。道路すぐそばの人家の敷地にこれだけの数が現れるのですから、ベリーズの自然の豊かさを感じていただけると思います。
 日本では固有種のトキが絶滅し、中国から輸入した個体を増やしていますが、こちらではトキたちの大群を、街の近くでも容易に見ることができます。
 この素晴らしい豊かな自然がいつまでも維持されることを願って止みません。また日本の方々もベリーズの自然を観光されたらいかがでしょうか。

f:id:photolifenet:20170719204901j:plain

 使用機材のカメラはSony α57に、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F8.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。