写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 初めて見た Black-cheeled Woodpecker (ブラックチークド ウッドペッカー)

f:id:photolifenet:20170728223320j:plain

 中米の国ベリーズに住んでいた頃、この国に多くある熱帯のジャングルに建つホテルに何度か観光で行ったことがあります。目的はジャングルそのものを体験したいことと、そこに住む動物、特に野鳥を見たかったからです。

f:id:photolifenet:20170728223336j:plain

 自宅のあるこの国最大のベリーズシティから、車で2.5時間ほどの所の国立公園の中にホテルがあり、そこはジップライン、空中に張ったワイヤーにぶら下がって空中を滑空する施設が有名で、その長さはこの国一番の規模を誇ります。
 そのホテルを訪れてみて分かったのですが、私にとってここの魅力は長いジップラインではなく、ホテル敷地内でさえも見られるたくさんの野鳥でした。それらは都市部では決してみられない種類が多く含まれており、ここで初めて出会った野鳥も何種類かありました。

f:id:photolifenet:20170728223353j:plain

 今日の写真はそんな中の一種類で、ホテルに続く国立公園の入り口ゲートの頭上にいた Black-cheeled Woodpecker (ブラックチークド ウッドペッカー)で、この時初めて出会ったキツツキの一種です。
 このキツツキは、街中でよく見られるゴールデンフロンテッド ウッドペッカーに姿かたちが似ていますが、出会えるのはジャングルの中やその周辺だけで、都市部では見られません。

f:id:photolifenet:20170728223407j:plain

 写真は非常に高い枝の上で、親が子に餌を与えている場面で、その餌は木の実ですが、この樹は都市部には生えていない種類で、郊外でないとありませんし、大きなクチバシのトゥカンもこの木の実を好んで食べます。
 写真は強烈な逆光でコントラストが低いのですが、肉眼で見ても鳥たちは真っ黒の状態にしか見えませんでしたから、何とか色が分かる程度に撮れただけでも良かったと思っています。
 使用機材のカメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sony 70-300 SSM G。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F9.0、1/1,250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。