写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

7月下旬なのにさえずるホオジロ

f:id:photolifenet:20170804223919j:plain

 私の住む岐阜市郊外は、梅雨が明けたと気象庁が発表したとたんに毎日ぐずついたお天気が続き、まるで梅雨入りしたかのような気候が続いており、時々雨の降る非常に湿度の高い毎日で不快指数は最高です。

f:id:photolifenet:20170804223930j:plain

 そんなお天気ですから、外を少し歩くだけでも汗びっしょりになるため、野鳥がほとんど見られなくなったいつもの散歩道に、汗や雨で濡らしたくないカメラを持って出かけるを躊躇しており、ここしばらくは散歩に出かけていません。
 今日の写真は最近の最後の散歩となった7月下旬に、散歩道で捉えたホオジロと畑に降り立ったトビです。
 ホオジロはご覧の通りさえずっていますが、今は子育てが終わり雛たちは巣立ったはずですが、もしかしたら今年2度目の産卵、子育てをするのでしょうか。彼らは年に2回子育てをするのかもしれません。
 下の小さな写真は、畑で餌をとるために地上に降り立ったトビで、羽毛の模様に白の斑点が目立ちはっきりしていることから若鳥と思われます。トビとの距離があったために鮮明に捉えることができませんでしたが、猛禽は格好いいですね。

f:id:photolifenet:20170804223943j:plain

 オレンジ色の美しい花は散歩道に咲いていたもので、この花、熱帯地方に位置する中米コスタリカで見た花にそっくりなような気がするのですが気のせいでしょうか。
 使用機材のカメラはSony α77Ⅱに、レンズは Tokina AF100 Macro F2.5。大きな写真の撮影データは、焦点距離100mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F9.0、1/1,250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。