写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

隣地の栗畑のイカル

f:id:photolifenet:20170816213842j:plain

 岐阜市近郊にある自宅周りは、田畑や低い山に囲まれ、狭い平野の中央には根尾川流れる自然豊かな土地です。お天気の良い日は全長2.5㎞程のコースを、一眼レフカメラに望遠レンズをつけて散歩するのですが、夏になってコースで見かける野鳥が減ったことと、毎日がぐずついたお天気で、最近は全く出かけていません。

f:id:photolifenet:20170816213855j:plain

 それにしてもこのところのお天気、よくもここまですっきりしない、じめじめとした湿度の高い日が続くものと感心します。
 さて今日の写真は、こうしたじめじめしたお天気になる前の7月7日、自宅隣の栗畑に現れたイカルです。これまでこんなところで彼らを見かけたことはなく、自宅の窓から見えたときはわが目を疑いました。
 これまでイカルは遠いところから眺める鳥だったのですが、これを機に急に身近な鳥になってしまいましたが、なぜかあれ以降この場所には現れていません。
 写真は彼らが見えるガラス窓を少し開けて、カメラを持つ手を柱に着けて撮ったのですが、今一つ先鋭に撮れていません。これを撮影した時間は夕方の5時過ぎで、イカルがいた場所はすでに家の陰になり、おまけに繁った栗の葉の下でしたから相当暗かったのですが、それにしてももう少しピントがしっかりしていたもいいような気がするのですが。この時10枚ほど撮影したのですが、見られる写真は半分ほどしかありませんでした。
 このカメラには、暗い場所でのピントの正確さをもう少し何とかしてほしいものです。

f:id:photolifenet:20170816213915j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sony 70-300 SSM G 。大きな写真の撮影データは、焦点距離100mm、35ミリ版換算450mm、ISO 2,500、F5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。