写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 木の実と Yellow-winged Tanager (イエローウイングド タナガー)

f:id:photolifenet:20170824220618j:plain

 今日の写真は、中米の国ベリーズの最大の都市ベリーズシティから車で1時間ほどの所にある、都市に最も近いマヤ遺跡、アルツンハ公園で見かけた Yellow-winged Tanager (イエロウウイングド タナガー)です。
 このタナガーは街中では見かけることはなく、もう少し緑の濃いジャングルに近い環境で、更に郊外であっても集落の中ではなく、人家の少ない場所でしか私は見ていません。ただそれほど珍しい鳥ではなく、また人間をあまり恐れませんから、かなり近くまで寄って撮ることができる種類です。

f:id:photolifenet:20170824220633j:plain

 このタナガーの好物は木の実や果物で、バナナ、ヤシ科の赤い実、そして今日の写真の木などで、その実をついばむ姿をよく見かけます。
 今日のタナが―が停まっている写真の木ですが、街中で見かけることはなく、でもジャングルや郊外にはたくさん生えている、この国では一般的な種類です。その実は写真にある通り、灰色の指のような形で何本も伸びている部分です。

f:id:photolifenet:20170824220645j:plain

 この実は写真のタナガ―だけでなく、他にも多くの鳥たちが食べる人気の木の実で、特にくちばしの大きな美しい鳥であるトゥカンがこの木をよく訪れます。なおこの樹は特徴的な形をしていますから、遠くからでもすぐに見つけることができます。
 下の小さな1枚目の写真は、同じくアルツンハ公園内に生えている木で、こちらは赤い実をつけます。こちらには写真のタナガ―やキツツキたちが好物としているようです。
 野鳥たちは、こうして餌となる木の実に訪れますから、こういった木を知ることがバードウオッチングの一つの有効な手段ですね。

f:id:photolifenet:20170818215252j:plain

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F8.0、1/640sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。