写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ ジャングルのホテルに来た Band-Backed Wren(バンドバックド ウレン)

f:id:photolifenet:20170826220202j:plain

 中米の国ベリーズは、日本の四国ほどの面積の小さな国ですが、人口が36万人と少なく、また国土の標高が低いことから湿地が多く、そのため開発が難しいのでしょう、自然が多く残されています。
 国土のどこにも人跡未踏のような場所はないのですが、開発の手が多く入っていないため、広い面積のジャングルには野生動物がたくさん生息しています。

f:id:photolifenet:20170826220219j:plain

 そんな野生の自然を観光資源にしようと、ジャングルには観光客向けのホテルが多くあり、毎年たくさんの、特に欧米からの人がこのベリーズの自然を楽しんでいます。その中にはバードウオッチングを目的とした人もたくさん訪れます。
 今日の写真は、そんなジャングルの中に建てられたホテルの近くに現れた Band-Backed Wren(バンドバックド ウレン)で、日本でいうミソサザイの仲間です。
 ベリーズで最大の都市ベリーズシティ内でもウレンは見られるのですが、それは日本のミソサザイに似た小型で、民家の軒下などに巣を作るハウスウレンという種類です。ミソサザイと同じくとても美しい声でさえずります。

f:id:photolifenet:20170826220233j:plain

 今日の写真のウレンは大きく、ムクドリくらいで、体色は白と黒、茶と地味ですが、模様が特徴的で、最初はキバシリの仲間かと思いました。
 ジャングルに建つホテルの多くは、野鳥観察のためのデッキや、エサ台が設置してあり、ホテル内でもバードウオッチングが楽しめるのため、ジャングルを歩かない人たちにも人気です。
 今日の写真のウレンは、そのホテルのデッキ近くの樹に来たところを撮りました。他にもたくさんの種類の野鳥たちがやって来ますから、ベリーズのジャングルのホテルは、鳥好きに絶対お勧めです。

f:id:photolifenet:20170826220305j:plain

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離210mm、35ミリ版換算315mm、ISO 800、F8.0、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。