写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ ジャングルのホテルで出会った Yelloe-throated Euphonia (イエロースローテッド エウホニア)

f:id:photolifenet:20170829203529j:plain

 今日の写真は、中米の国ベリーズのジャングルのホテルで見かけた Yelloe-throated Euphonia (イエロースローテッド エウホニア)のオスで、背中の青色とおなかの黄色のコントラストが美しく、また額の黄色のワンポイントが何ともかわいらしい鳥です。

f:id:photolifenet:20170829203541j:plain

 この鳥は、この国最大の都市であるベリーズシティの住宅地でも見かけたことがあり、それほど珍しい鳥ではないのですが、かといっていつも見られる種類ではありません。でもこのエウホニアは木の実が好物で、その木の場所さえ知っていれば出会うのはそれほど難しくはありません。それに鳴き声も特徴的です。
 この鳥の最大の特徴は、人をほとんど怖がらないことで、お気に入りの食べ物に夢中になっている時は、5mほどにまで近づくことができるほどです。ですからこの鳥を見つけた際は、相手を驚かさないように少しづつ距離を詰めれば驚くほど近くまで寄ることができます。

f:id:photolifenet:20170829203553j:plain

 このエウホニアに出会い、写真を撮った場所は、ベリーズのジャングルに建つホテルの敷地で、探鳥というにはとてもイージーな所でした。
 我々は、ジャングルでは多くの鳥を見ることができると思いがちですが、実はジャングルは樹木が密で、また空を枝葉が覆っていて昼なお暗く、鳥の声は聞こえても見つけるのは困難です。たとえ見つけても、枝葉が邪魔をして写真はまず撮れません。
 その点ジャングルのホテルの敷地は、広大ながらも適当に樹木を選定してありますから見通しが良く、野鳥を簡単に見つけることができるのです。そしてちゃんと写真も撮れます。
 ベリーズのジャングルのホテルは、バードウオッチャーでもホテル内で十分に楽しめるように工夫されているのです。

f:id:photolifenet:20170818215252j:plain

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。