写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

背景は犬山城からの眺め

f:id:photolifenet:20170923203952j:plain

 このブログ上で9月21日に愛知県の犬山城を訪れたことはお話ししましたが、今日はその続きです。
 犬山城天守閣は木曽川ほとりの小高い丘の上にあり、周辺には山がないことから、犬山市内からはどこからでも見ることができ、便利なランドマークになっています。よって、かつての城下町の人々は毎日このお城を眺めて暮らしたことがうかがわれます。

f:id:photolifenet:20170923204011j:plain

 下の小さな写真の通り、天守閣の最上階には四方をぐるりと回廊が設けられており、ここからは地平のかなたまで眺めることができ、地上で何が起きているか一目瞭然です。
 ここなら、もし敵が攻めてくればいち早く知ることができ、また一方が川になっていることから防御としての立地は理想的だと、この回廊に立って景色を眺めるとそんなことを思ってしまいます。

f:id:photolifenet:20170923204029j:plain

 この犬山市の隣の岐阜県各務原市には航空自衛隊の基地があり、時折ジェット戦闘機などが、かなり低い高度で大きな爆音を響かせ上空を飛びすぎます。
 戦国時代や江戸時代の守りの要であるお城の上を、今は国を守るためのジェット戦闘機が飛ぶのを見るのは、世の中の歴史の変遷を強く感じます。当時の人にとって現代は、全く想像のできない別世界ですね。

f:id:photolifenet:20170923204045j:plain

 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Minolta AF24-85/F3.5-4.5。大きな写真の撮影データは、焦点距離245mm、35ミリ版換算24mm、ISO 320、F7.1、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。