写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

コスタリカ サンホセの遊歩道

f:id:photolifenet:20171008202346j:plain

 コスタリカの首都サンホセダウンタウンは、近代的ビルが林立する都市というのではなく、昔からある低層のビルを外装、内装に手を入れながら再利用するという方法が多く見られます。
 そのせいか、街並みは親しみやすい人間臭さがあり、どことなく心落ち着くところがあります。しかし一方でこの地域の再開発は進んでおらず、道は狭く複雑で、おまけに最近復活した路面電車が走っていることから交通渋滞はこの街の大きな問題です。

f:id:photolifenet:20171008202405j:plain

 そんな中で、街の真ん中の道路が終日歩行者天国として開放されており、人々は広い道を自動車に邪魔されることなく、のんびりと歩くことができます。その距離は驚くほど長く、ここまでしてしまっていいのかと他人事ながら心配するほどで、この遊歩道の存在も市内交通を複雑にしている一因と思えてしまいます。
 写真の場所は、市内中心部に2本あるうちの南側の遊歩道で、北側に比べるとどちらかと言えば街はより庶民的で、通りに並ぶ各店のセンスは一ランク落ちる感じがします。そのせいかより生活感があり、興味深い部分も多々あり、ウミガメの卵を売っている店もこちら側でした。

f:id:photolifenet:20171008202423j:plain

 そして何より趣があるのは、遊歩道の出発点と終着点が大きな教会で、また途中にもこの国最大の教会や公園があり、かつての古い街の面影をより濃く残している点で、そしてそこに集まっている人々の姿に、この国の一面を見る思いがすることです。

f:id:photolifenet:20171008202443j:plain

 使用機材のカメラは Canon PowerShot S80。大きな写真の撮影データは、焦点距離13.1mm、35ミリ版換算66mm、ISO 不明、F4.0、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。