写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 谷汲横蔵寺の紅葉の始まり

f:id:photolifenet:20171104210408j:plain

 先日は、自宅より標高の高い根尾の奥に位置する大須ダムの紅葉を確かめ、その美しさを存分に楽しんだのですが、平地はどうなのかと、秋の3連休の初日である昨日、自宅から車で15分ほどの所にある、揖斐川町谷汲の横蔵時に行ってきました。このお寺は紅葉が有名で、華厳寺と共に秋にはたくさんの観光客が訪れます。
 自宅庭のもみじはまだ全く色づいていないことから、それほど期待しなかったのですが、東西両方に山が迫る横蔵寺は深い谷間になっており、そのため朝晩が冷えるのか、参道や境内の何本かのもみじは既に紅葉が始まっていました。

f:id:photolifenet:20171104210421j:plain

 大きな写真は山門の直前で、背景は赤色になりきる前の黄色、オレンジ色、そしてまだ所々に緑色が残る、これはこれで美しい美しい紅葉の始まりを逆光で捉えました。
 2枚目は、1枚目と同じもみじを山門を背景に順光で撮った一枚で、現時点では横蔵寺で最も絵になるシーンかと思います。

f:id:photolifenet:20171104210436j:plain

 3枚目は参道にある石垣で、ここはもみじが並んで植えられており、ここ横蔵寺一番の見どころですが、紅葉にはまだ早く、おそらく1週間先頃から楽しめるのではないでしょうか。
 この日はやはり、混雑するというほどではありませんでしたが観光客が多く、次から次へと訪れ、特に熟年の方たちが目立ちました。ここが初めての人が多いらしく、この山深いところにある寺にしては、境内の立派な建物に驚いている様子でした。

f:id:photolifenet:20171104210457j:plain

 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Tamron SP AF24-135 Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離35mm、35ミリ版換算35mm、ISO 500、F5.6、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 それにしてもこのレンズ、タムロンの50周年記念レンズだけあって、いつも素晴らしい描写を見せてくれます。高倍率ズームでありながらその透明感と発色は素晴らしいと思います。