写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 川岸のアオサギ

f:id:photolifenet:20171105202025j:plain

 今日の写真は、先日11月3日の当ブログでご紹介したウと、ほぼ同じ場所で見かけたアオサギです。この日はまだ数日前の台風による大雨の影響で根尾川の水かさが多く、透明度も落ちていたのですが、このサギは水際に立ちながら餌を探している様子でした。
 野生の生き物たちは、人間のように食料を作り出したり、長期の貯蔵ができませんから、その日その日の食料を得る必要があります。でも大雨で川が濁ったり、雪で地面が覆われたときなど、餌の確保が難しくなると思うのですが、そんなとき彼はどうしているのでしょうか。

f:id:photolifenet:20171105202041j:plain

 岐阜市郊外にある自宅周辺では、シカやイノシシ、サルが多く出没し、農作物に被害が出ています。そして最近は野鳥たちによる、果物の被害も無視できないほどになっています。サギやウによる養殖魚や各家庭の魚の被害も増えているようです。
 彼ら野生動物にとって、人里は餌が豊富で魅力的な場所なのでしょうが、人間にしてみれば獣害、鳥害であり、それを避けたいと思うのは人情です。
野生動物の数が少なかった頃はよかったのですが、それが増え、人里で食べ物を共有するようになった最近、野生と人間の共存は簡単にいきそうもありません。

f:id:photolifenet:20171105202006j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sony 70-300 SSM G 。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F8.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。