写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

ベリーズ 都市郊外で見る野鳥たち

f:id:photolifenet:20171107202406j:plain

 中米の国ベリーズに滞在していた頃、自宅はこの国一番の都市ベリーズシティの住宅地にありました。
 都市と言っても人口規模は小さいのですが、その割には面積があることから敷地は広く区画されており、そのためもあって緑が多く、また土地の標高が低いことから湿地の多い街です。

f:id:photolifenet:20171107202435j:plain

 その市内では、街中とは思えないような多くの野鳥を見ることができるのですが、少し郊外へ出ると更に多くの種類の野鳥たちに出会うことができます。
 同じく中米にあるコスタリカは、野生生物の宝庫として世界的に有名で、バードウオッチングなどで海外からも観光客が訪れ盛んですが、ベリーズは無名です。しかしそれはベリーズに野鳥が少ないことを意味しているのではなく、ただ単に知れ渡っていないだけなのだと、こちらに来て知りました。
 今日の写真は、ベリーズシティから車で20分ほどの郊外にある、田舎の道路沿いで出会った野鳥たちです。

f:id:photolifenet:20171107202500j:plain

 上の大きな写真は Golden-fronted Woodpecker (ゴールデンフロンテッド ウッドペッカー)、が道路脇にある枯れかけたような木の巣穴から上半身を出している場面です。このキツツキは都市部でも多く見られます。
 その巣穴がある木が焦げているのは、農民が野焼きをすることから、立木の多くがこうして焦げてしまいます。野焼きは政府が禁じているのですが、一向に無くなりません。でももしかしたら出火は火の不始末が原因かもしれませんが。
 2枚目は違う種類のキツツキで、都市部では見られないのですが、少し郊外に出ると人家近くに多くいます。この写真の木も黒く焦げているのが分かります。
 3枚目は都市部では全く見られない、上下に大きなくちばしを持つ鳥で、いつも草むらの地表近くで餌を探しています。

f:id:photolifenet:20171107202526j:plain

 使用機材のカメラはSony α57に、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F5.6、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。