写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 散歩道のスズメ

f:id:photolifenet:20171111205742j:plain

 先日、岐阜市近郊にある自宅周辺を散歩していた際に見かけたスズメを撮りました。用水路の壁の上で、次に飛び移る枝を見定めているようなそのしぐさがかわいらしく、まるで絵画の様な一枚になりました。

f:id:photolifenet:20171111205759j:plain

 我々に身近過ぎて普段あまり注意しないスズメですが、人間社会と一体となっているこうした姿をみると、改めてかわいらしい生き物だと思います。
 でもこうして人間の身近で、長きにわたって彼らが生き続けて居るにはそれなりの理由があると思うのですが、その理由の一つに、人間の近くにいることによって敵からの襲撃を避けていることと、もう一つはその体色にあると思います。

f:id:photolifenet:20171111205811j:plain

 彼らは茶色主体の地味な羽毛ですが、それは素晴らしい保護色で、敵の目をごまかしています。彼らが草木や地面にいるときはほとんど目立ちません。これはホオジロにも言えることで、今頃の時期に農道の脇のすぐ近くにいても見つけられず、いつも彼らが先に飛び立ち撮り逃してしまいます。
 2枚目の写真は、スズメと同じ日に散歩道で見かけたアオジですが、こちらはおなかが黄色ですが、でも背はホオジロみたいに保護色ですからやはり見つけられません。
 3枚目は散歩道にあるイチョウの木で、もうすでにこんなに黄色くなっています。

f:id:photolifenet:20171111205722j:plain

 使用機材のカメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sony 70-300 SSM G 。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 640、F5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。