写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

谷汲山華厳寺の秋

f:id:photolifenet:20171114220530j:plain

 日に日に秋が深まるこの頃で、自宅近くのイチョウの木が美しい黄色に変わり、紅葉の写真を撮るには今が最高ではないでしょうか。
 今日の写真は、岐阜市近郊にある自宅近くの谷汲山華厳寺での3枚です。ただしこの写真は去年の11月22日に撮影したもので、今年はこの秋にまだ華厳寺を訪れることができていません。今日は雨でしたから明日からの数日以内には出かける予定です。

f:id:photolifenet:20171114220551j:plain

 1枚目は、華厳寺山門をくぐって、その先の手水舎から山門方向を見た場面で、紅葉を逆光で捉えました。人々ののどかな参拝風景が心和ませます。特に、落ち葉を拾っているのか、しゃがんでいる一人の女性の姿が印象的です。
 2枚目は本堂横の広場で、これも逆光に映える紅葉を背景に人物を捉えたシーンですが、強烈な逆光の中で、この古いレンズでここまで撮れるとは驚きです。

f:id:photolifenet:20171114220607j:plain

 3枚目は本堂の階段下から見える紅葉を撮ったのですが、境内ではこの色が一番美しい紅葉でした。
 日本の秋はどこを撮っても絵になりますね。

f:id:photolifenet:20171114220635j:plain

 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Leitz Summicron 50mm F2.0 沈胴タイプ。大きな写真の撮影データは、焦点距離50mm、35ミリ版換算50mm、ISO 50、F4.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 使用したのは40年以上前のドイツ製の古いレンズで、逆光には大きなフレアーが出ますが、さすがにライカ、素晴らしい解像力と雰囲気作りにほれぼれします。