写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

散歩道のカシラダカ (ホオジロのメス?)

f:id:photolifenet:20171124204635j:plain

 昨日に続いて、岐阜市近郊にある自宅周辺の、散歩の際に出会った野鳥の写真です。
 これまで木々は葉を茂らせ、野鳥たちの発見を難しくしていましたが、野山の紅葉が終わりに近づき、葉を落とし始めた木もあります。これから散歩道にいろいろな野鳥が現れると思うと、散歩のし甲斐があろうというものです。

f:id:photolifenet:20171124204648j:plain

 今日出会った野鳥は写真のカシラダカホオジロのメス?)、川面のマガモ、そしてあちらが先にこちらを発見し、近くから飛び立ったキジの雄でした。他には、鳴き声からシロハラと思える鳥を見たのですが、確認するまでには至りませんでした。
 今日の写真の2枚目は、私の散歩コースの河原の道で、ここではよくキジやアオジ、モズ、ホオジロカシラダカに出会います。でもこの辺りは藪が深いことから、こちらが先に鳥を発見できることはあまりなく、彼らが飛び立ってやっと気づくのがいつものパターンで、あっという間に藪の陰に逃げられてしまいます。

f:id:photolifenet:20171124204707j:plain

 冬になるとこの藪が雪の下になったり、重みで倒れたりして視界が効くようになり、野鳥の確認率はぐっと上がります。
 3枚目の写真は、根尾川の鉄橋を渡る樽見鉄道です。この騒音で時々野鳥撮影を邪魔されますが、でも近くを列車が走るのはいいものですね。音がすると必ずそちらを見てしまいます。

f:id:photolifenet:20171124204732j:plain

 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F4.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 このカメラ、センサーが小さいために被写界深度が深いのが手伝ってか、ピントがしっかりしています。
 そしてこのカメラの最大の魅力は、その広いズームレンジのおかげで、遠くの野鳥から広い風景までも撮れてしまうことです。