写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 背景はもみじとドウダンツツジ

f:id:photolifenet:20171206202908j:plain

 岐阜市近郊にある自宅の近くにの道路沿いに、小さなパーキングエリアがあるのですが、そこの植え込みに桜、もみじ、ドウダンツツジが植えられています。ですから春には桜が美しく、秋にはもみじとドウダンツツジの紅葉が楽しめます。

f:id:photolifenet:20171206202930j:plain

 そのパーキングエリアに隣接して、高さ15mほどのほぼ垂直の岩壁があり、そこにかつて直径20㎝になろうかというフジズルが張り付いて、春にはそれが美しい花をつけ、見事な景観を見せていたのですが、今はもう崩落止めの工事のために切られてありません。これは本当に残念でなりません。
 さて、秋も終わりに近づき、今はドウダンツツジが最後の紅葉を見せてくれています。
 今日の写真は、そのパーキングエリアのドウダンツツジを、遠くの山の紅葉と共に背景にして撮りました。ツツジは赤色が飽和してしまっています。デジタルカメラにとって赤色は難しいのですね。
 2枚目は同じパーキングエリアですが、ツツジの隣にあるもみじを背景にしました。モミジはこれが最後だと思います。

f:id:photolifenet:20171206202848j:plain

 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Tamron SP AF24-135 Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離50mm、35ミリ版換算50mm、ISO 500、F5.6、1/100sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。