写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

セントルシア 背景はイギリス軍の遺跡

f:id:photolifenet:20180101004440j:plain

 カリブ海の島国セントルシアは、日本ではそれほど知られていないのですが、欧米では新婚旅行で最も行きたい国として有名です。
 美しいカリブの海、島中央部の深いジャングル、風光明媚な風景、素朴な暮らしを続けている人々、比較的安全な治安などがその理由ですが、もう一つ、この島には観光資源として貴重な遺跡があります。
 島の遺跡と言えば大航海時代プエルトリコにあるような、スペインが造った砦遺跡が有名ですが、こちらはイギリス軍が造ったものです。

f:id:photolifenet:20180101004457j:plain

 遺跡はこの島一番の観光スポットであるロドニーベイ地区の、その長い海岸の端のピジョンアイランド国立公園内にあります。
 今日の写真の背景がその遺跡で、ガイドによれば、これは軍の宿舎として使われていたそうです。
 その壁を見てみると、下から石を積み上げたのではなく、多分型枠を作り、その中に石とモルタルを詰めて作ったと思われます。
 下の写真にあるように、開口部などの細かい部分はレンガを積み上げているようです。
 島のジャングルの中にある遺跡、とてもミステリアスでいろいろな想像を楽しむことができます。

f:id:photolifenet:20180101004426j:plain

 使用機材のカメラは NIKON CoolPix 5400 。大きな写真の撮影データは、焦点距離5.8mm、35ミリ版換算28mm、ISO 50、F3.1、1/65sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。このカメラ、素晴らしい画像を見せてくれます。