写真生活 on Line

カメラと写真を楽しむ豊かな生活、そして鳥が大好き

日本 巨大なネズミ

f:id:photolifenet:20180202225828j:plain

 岐阜市近郊にある自宅から、歩いて5分ほどの所に谷川が流れています。この谷水は集落の飲料水に利用されており、そちらに多くを取られているためか、雨が少なくなると下流の一部では干上がることがありますが、しかし根尾川に注ぐ谷川の終わり部分では常に水があります。途中の干上がる場所は多分地下を流れているのでしょう。
 その谷川の最終部分は、数百メートルに渡って両岸がコンクリートブロックでおおわれ、底は草地となっており、その間を水がうねって流れています。そのあたりではアオサギが漁をしているのをよく見かけるのですが、先日そこで、思わぬ動物に出くわしました。

f:id:photolifenet:20180202225844j:plain

 その動物に最初に出会ったのは谷川横の地上の草地で、私は気づかなかったのですが、相手も直前まで私に気づかなかったのか、相手がのそのそと逃げだしたのはほんの数メートル先のことでした。その相手が動いたことで私も気づき、その姿を見たのですが、それはまるで南米に住むカピバラのようで、それがなぜここにいるのかと本当に驚きました。
 その後、今日その谷川を再度訪れてみると、水中を恐ろしく大きなネズミが泳いでいました。でもこの大きさ、先に出会ったのよりだいぶ小さめです。それでもしっぱを含まない体長は30センチほどもあります。
 熱帯でもない日本で、なぜネズミがこんなに大きく育つのでしょう。人類のかつてない飽食の現代は彼らの成長にも影響を与えているのでしょうか。何か恐ろしいものをみたような気分です。

f:id:photolifenet:20180202225928j:plain

 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離32.4mm、35ミリ版換88mm、ISO 400、F4.0、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。